スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舛添氏、急転!新党旗揚げへ(スポーツ報知)

 執行部批判を続けていた自民党・舛添要一前厚労相(61)が21日、川崎市で行われた講演会の後、新党結成を宣言した。早ければ23日にも「舛添新党」を旗揚げする。各社の世論調査で「首相にふさわしい政治家」のトップに挙げられる舛添氏の決断は、今夏の参院選に向けた永田町の勢力図に大きな波紋を及ぼすことになりそうだ。

 不発かと思われた「舛添新党」が、やっとさく裂した。

 舛添氏は川崎市で行われた講演会終了後、記者団の取材に応じた。「党首は舛添さんで?」と問われると、即座に「当然、私が党首になるから『舛添新党』という話なのだと思います」ときっぱり。調整や手続きが残るため、13回も「正式に決まれば」と繰り返したが、週内にも離党届を提出し、早ければ23日にも「舛添新党」を正式に誕生させる。

 注目のメンバーについては明言を避けたが、関係者によると自民党と国会会派を組む改革クラブの渡辺秀央代表(75)、同幹事長の荒井広幸(51)、山内俊夫(63)各参院議員が合流する方向。さらに自民党の矢野哲朗前参院国対委員長(63)、離党届を提出済みの小池正勝参院議員(58)らも加わる見込みで、政党要件である現職国会議員5人は確保したもようだ。さらに舛添氏は「5人以上の方と話をして、ほとんどの方に賛同を得ている」と自信をのぞかせた。

 舛添氏は2月、党内に政策グループ「経済戦略研究会」を発足させ、「参院選で勝利することは今のままでは難しい」と執行部刷新を要求。一時は「選対本部長代理」のポストを提示されたが、「瞑想(めいそう)中」として谷垣禎一総裁からの連絡を拒絶したこともあった。

 新党結成をちらつかせる舛添氏に対し、党内からは不満が続出。「オオカミ中年」「離党すべき」との声が相次ぎ、行き場を失っていた。19日に福岡市内で行われた講演では「新党なんて全く関係ない。メディアが先走って『舛添新党不発』と書いている」と話していたが、自らの発言を覆す形で党を飛び出した。

 各種世論調査で「首相にふさわしい政治家」のトップに挙がる舛添氏。「政治とカネでこれだけ閉塞(へいそく)感があるのですから、清潔な政治を目指さないとイカン」とぶち上げ、「今のていたらくの鳩山政権を打倒する」と宣言したが、政局への影響は未知数だ。

 【関連記事】
舛添前厚労相、23日にも新党立ち上げ
舛添前厚労相を事情聴取!週明けにも自民執行部が実力行使
橋下府知事、舛添新党参加を否定「絶対にあり得ません」
舛添氏はがん細胞!自民党内から批判噴出

首相動静(4月16日)(時事通信)
認定こども園、532施設=京都など3府県がゼロ-文科・厚労両省(時事通信)
<愛知5人殺傷>長男を簡易鑑定へ(毎日新聞)
<OBサミット>核兵器禁止条約の締結など提言し閉幕 広島(毎日新聞)
30分間無人、告示日の長崎県南島原市選管(読売新聞)
スポンサーサイト

決着の定義、食い違い否定=普天間問題-北沢防衛相(時事通信)

 北沢俊美防衛相は16日午前の閣議後の記者会見で、米軍普天間飛行場移設問題の決着の定義に関し「鳩山由紀夫首相が言ったことは、それ以上の重みはない」と述べ、5月末までに米政府と移設先自治体の合意を取り付けることができるよう全力を挙げる考えを強調した。
 首相と平野博文官房長官の間に定義をめぐる認識の違いがあることについて、防衛相は「そんなに違いがない」と指摘。その上で「米側、地元と交渉して、この方向で行こうと(合意するのが決着だ)。細部にわたってはいろいろと問題もあるだろう」と述べ、6月以降も一定の調整が残るのは問題ないとの考えを示した。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪(産経新聞)
5年前に泊まった者です…ペンションに乳児と手紙(読売新聞)
春なのにブルッ…百貨店、コート売り上げ4割増(読売新聞)
高速で車乗り捨て走って逃げる 無免許容疑の男逮捕(産経新聞)
税理士ら4人に課徴金=TOB情報でインサイダー-金融庁(時事通信)

民主県連、徳之島案の撤回要請=首相「承った」-普天間移設(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は19日午後、首相官邸で民主党鹿児島県連代表の川内博史衆院議員と会い、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、政府が検討している鹿児島県・徳之島へのヘリ部隊などの移転案を白紙撤回するよう要請を受けた。川内氏によると、首相は「承った」と応じた。
 同島内3町などの主催で18日に開かれた反対集会には、全島民の6割近い約1万5000人が参加したとされ、普天間移設への根強い抵抗感が示された。民主党の地元組織も政府に方針撤回を求めたことで、5月中の決着を目指す首相は一段と厳しい立場に追い込まれた。
 席上、川内氏は反対集会について「重く受け止める必要がある」と強調。地元自治体や党県連に政府から正式な情報提供がないことに触れて「手続きに疑問がある」と不満を示し、「徳之島案は一度白紙撤回して、議論を整理すべきだ」と求めた。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

中国艦隊10隻が沖縄近海通過=潜水艦2隻、浮上航行-動向を注視・防衛省(時事通信)
また幼児虐待?大阪・堺で男児死亡…顔に打撲跡(読売新聞)
雑記帳 24金製サッカーボール…公式球と同じ大きさ!(毎日新聞)
竹原・阿久根市長に聞く 「敵は組合と組合に結託した議員」(産経新聞)
<火山噴火>降灰、日本には届かず 健康への影響限定的か(毎日新聞)

邦人カメラマン死亡 職場で黙祷 「外に出られず」駐在員ら帰国(産経新聞)

 バンコクから飛行機で日本に到着した駐在員や旅行者らは現地の混乱した様子を語った。

 11日夜、関西国際空港に到着したバンコク在住の会社員、藤田哲郎さん(61)は「日本大使館から電子メールで情報を得ていたので、危険な場所には近づかないようにしていた。最近は商業地域や駅も占拠されていたので、ついに政府側が実力行使に出たようだ」と振り返った。

 また別のタイ在住の日本人男性は「バンコクと離れたところに住んでいるので心配はなかったが、(市の中心部では元首相支持派の)赤いシャツのデモ隊が行進や座り込みしている姿があった」と話した。

 成田空港に到着した東京都渋谷区の会社員、中川淳さん(42)は「現場近くの通りには石やガラス片が散乱し、横転した車も放置されていた」と振り返った。中川さんによると、衝突があった10日夜、普段なら外国人観光客でにぎわうカオサン通りは人影もまばらに。多くの店は閉まり、ホテルからは「外に出ないほうがいい」と注意があったという。

【関連記事】
「帰ってくるよね…」ロイターの同僚ら「ヒロ」に黙祷
タイ死者21人、負傷874人、解散・総選挙前倒しも
銃弾飛び交い…タイのバックパッカー聖地が戦場に
「笑顔の帰還なく残念」 村本さんの遺族がバンコク入り
「ガラス散乱、車横転」バンコクから帰国の日本人旅行客証言

長谷川等伯展 京都でも10日開幕(毎日新聞)
「気付いたら手に財布が…」 JR東の車掌、花見客の財布盗み発見されOL殴る 警視庁逮捕、一部否認(産経新聞)
多重債務過払い金、事務員が交渉か 司法書士事務所を告発(産経新聞)
銃剣持ち出し倉庫で保管=わいせつ行為で逮捕の自衛官(時事通信)
<首相・閣僚会見>(2)ネットメディアの有力コンテンツに(毎日新聞)

佳子さま、高校入学(時事通信)

 秋篠宮ご夫妻の次女佳子さま(15)は6日午前、学習院女子高等科(東京都新宿区)の入学式に出席された。
 佳子さまは同日午前7時半すぎ、付き添いの紀子さまとにこやかに談笑しながら登校。午前10時からの式に先立ち、校門前での記念撮影に臨んだ。報道陣から「おめでとうございます」と声を掛けられると、「ありがとうございます」と笑顔で話していた。 

<痴漢容疑>電車内で 警視庁警部補を逮捕 千葉・容疑否認(毎日新聞)
<キャンパスアンケート>9割の学生が就職活動に不安(毎日新聞)
治療結果の分析、DPC参加病院の過半数が未実施(医療介護CBニュース)
シー・シェパード元船長 傷害罪でも立件へ 東京地検(産経新聞)
出火件数、1270件減=09年火災概要-総務省消防庁(時事通信)

視聴率 NHK「ゲゲゲの女房」歴代最低(毎日新聞)

 29日に始まったNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ゲゲゲの女房」の視聴率が、関東地区14.8%、関西地区10.1%といずれも過去最低を記録したことが、ビデオリサーチの調べで分かった。これまでの関東地区の最低は「どんど晴れ」(07年度上半期放送)の14.9%で、0.1ポイント下回った。放送開始時間を15分繰り上げ、午前8時からとしたことが影響。48年ぶりの変更で、視聴者側の混乱を招いたことが一因とみられる。

【写真特集】ゲゲゲの女房:オープニングに鬼太郎、原作・武良さんは「身震い」 NHK朝の連ドラ完成試写

 国民的番組といわれる朝ドラだが、ここ数年視聴率が低迷している。15分繰り上げは視聴者層拡大を図るもので、新年度番組改編の目玉。1961年4月に始まった朝ドラの開始時間変更は第2作(62年4月~63年3月)以来となるため、NHKは駅頭の看板や折り込みチラシなどでかつてない宣伝を実施していた。

【関連ニュース】
【写真特集】ゲゲゲの女房:語りは野際陽子 南明奈がマンガ家、杉浦太陽“ねずみ男”に NHK朝の連ドラ
【写真特集】注目ドラマ紹介:NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」 松下奈緒が水木しげるさんの妻に 午前8時放送
【写真特集】松下奈緒:来春のNHK連ドラ「ゲゲゲの女房」ヒロインに 「うれしくて震えた」
視聴率:「ウェルかめ」史上最低、関東で13.5%
番組改編:あの手この手、4月の民放各局 NHKは朝ドラ15分繰り上げ

ネスタ、1カ月で練習再開へ
関東に強風、欠航相次ぐ=気象庁が警戒呼び掛け(時事通信)
<普天間移設>米国防長官「海兵隊は沖縄にいる必要がある」(毎日新聞)
<製品事故情報>消費者庁のデータバンク 1日から開設(毎日新聞)
羽田空港、国際線ターミナルビル隣接ビルから出火 建設中の新駅、1人軽症(産経新聞)
プロフィール

しばたあきはるさん

Author:しばたあきはるさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。